アイパル香川(香川国際交流会館)公益財団法人 香川国際交流協会


翻訳に関する注意事項

One Day I-PAL Collegeを開催しました。

|

大勢の皆様に熱心にご受講いただき大変好評でした。
そのうち英語俳句のワークショップ「瀬戸の細道」での皆さんの投句をご紹介します。

Seto no Hosomichi
English Haiku Workshop

皆さんの俳句はこちら(PDF)

On Saturday March 23, 2013, I-PAL Kagawa hosted the 2nd Annual One Day I-PAL College.  Twenty-four participants from this event attended the joint lecture/workshop entitled "History and Style of English Haiku+Seto no Hosomichi Writing Workshop."

平成25年3月23日(土)、アイパル香川にて、第2回ワンデイ・アイパルカレッジが開催されました。参加者の内、24名の方々が「英語俳句の歴史とスタイル+瀬戸の細道ワークショップ」を受講しました。

Professor Edward Marx, of Ehime University, spoke during the first half about the history and style of English language haiku.  His entertaining PowerPoint presentation succinctly pointed out the evolution of English language haiku developments, while pitting them against the development of a more representative English language poetic form, the sonnet.

前半は、愛媛大学のエドワード・マークス准教授が英語俳句の歴史と文体について発表しました。パワーポイントを使った興味深いプレゼンテーションで、英文学の伝統を代表する詩であるソネットと比較しながら、英語俳句の発展について簡潔に説明してくださいました。

The second half of the class was a writing workshop led by Kagawa CIR, Chris McCabe.  The real stars of the workshop, however, were the students themselves, who contributed the following haiku masterpieces to create an outstanding collection celebrating the beauty of the Seto Inland Sea and the hope of the coming spring.  Please enjoy their works!

後半は、香川県の国際交流員であるクリス・マッケーブによる英語俳句のワークショップが行われました。ワークショップの主役はまさに、受講者自身でした。瀬戸内の美と春の訪れを祝う素晴らしい英語俳句の数々をご覧ください。

皆さんの俳句はこちら(PDF)