年金( ねんきん )

日本( にほん ) ( ) ( ひと ) ( だれ ) でも、( とし ) をとったときのために、年金( ねんきん ) ( はい ) ることになっています。公的( こうてき ) 年金( ねんきん ) には、「国民( こくみん ) 年金( ねんきん ) 」と「厚生( こうせい ) 年金( ねんきん ) 保険( ほけん ) 」があります。国民( こくみん ) 年金( ねんきん ) は、基礎( きそ ) 年金( ねんきん ) がもらえる制度( せいど ) で、厚生( こうせい ) 年金( ねんきん ) 保険( ほけん ) は、( いま ) までにもらった給料( きゅうりょう ) によって年金( ねんきん ) ( おお ) くもらえる制度( せいど ) です。
国民( こくみん ) 年金( ねんきん ) は、日本( にほん ) ( ) む20( さい ) から59( さい ) までの( ひと ) は、どの( くに ) ( ひと ) でも( はい ) らなければなりません。( ) ( ちょう ) 役場( やくば ) ( はい ) ります。保険料( ほけんりょう ) 日本( にほん ) 年金( ねんきん ) 機構( きこう ) から( おく ) られてくる「納付書( のうふしょ ) 」で( はら ) います。厚生( こうせい ) 年金( ねんきん ) 保険( ほけん ) は、社会( しゃかい ) 保険( ほけん ) ( はい ) っている会社( かいしゃ ) ( はたら ) いている( ひと ) ( はい ) ります。この場合( ばあい ) は、保険( ほけん ) ( はい ) 手続( てつづ ) きは会社( かいしゃ ) がします。保険料( ほけんりょう ) は、会社( かいしゃ ) ( はたら ) いている( ひと ) が50%ずつ( はら ) い、( はたら ) いている( ひと ) ( はら ) ( ぶん ) は、会社( かいしゃ ) 給料( きゅうりょう ) から( ) いて( ) わりに( はら ) うことが( おお ) いです。

外国( がいこく ) ( じん ) ( くに ) ( かえ ) るときには、「脱退( だったい ) 一時金( いちじきん ) 」というお( かね ) をもらうことができます。これは保険料( ほけんりょう ) を6ヶ月以上( げついじょう ) ( はら ) った外国( がいこく ) ( じん ) が、日本( にほん ) ( ) てから2( ねん ) 以内( いない ) 請求( せいきゅう ) すると、( はら ) った保険料( ほけんりょう ) 一部( いちぶ ) がもらえるというものです。
( くわ ) しいことは、ホームページ確認( かくにん ) してください。

💻短期( たんき ) 在留( ざいりゅう ) 外国( がいこく ) ( じん ) 脱退一時金( だったいいちじきん ) 請求書( せいきゅうしょ ) /日本( にほん ) 年金( ねんきん ) 機構( きこう )

請求書( せいきゅうしょ ) 言語( げんご )
14言語( げんご ) 英語( えいご ) 中国語( ちゅうごくご ) 韓国語( かんこくご ) ・ポルトガル( ) ・スペイン( ) ・インドネシア( ) ・タガログ( ) (フィリピン)・タイ( ) ・ベトナム( ) ・ミャンマー( ) ・クメール( ) (カンボジア)・ロシア( ) ・ネパール( ) ・モンゴル( )

短期( たんき ) 在留( ざいりゅう ) 外国( がいこく ) ( じん ) 脱退一時金( だったいいちじきん ) 請求書( せいきゅうしょ ) 日本語( にほんご )

年金( ねんきん ) 保険( ほけん ) についての( くわ ) しい説明( せつめい ) は、CLAIR多言語( たげんご ) 生活情報( せいかつじょうほう ) -「G 年金( ねんきん ) 」を( ) てください。
その( ) 福祉( ふくし ) についての( くわ ) しい説明( せつめい ) は、CLAIR多言語( たげんご ) 生活情報( せいかつじょうほう ) -「I いろいろな福祉( ふくし ) 」を( ) てください。